安月給でも新大阪のデリヘルはつづけるよ

安月給で何が辛いかというと、風俗に行くことが出来ないのが辛いですよね。
風俗にお金をつかうことが勿体無いとは思いませんが、料金自体は決して安くありませんよね。
大衆店ですら自分の稼ぎの何日分かと思うと、なかなか行くことが出来ません。
かと言ってあまりに安い店もハズレを引いた時に安物買いのなんとやらになりかねないだけに、躊躇してしまいますよね。

結局行ける時などは雀の涙ほどのボーナスが出た時か、生活を切り詰めてコツコツお金を貯めて何ヶ月かに一回行くぐらいしか出来ないんですよね。
不況の現在では楽しみがろくに無いだけに、風俗ぐらい思い切り楽しみたいところですが、その風俗が一番お金がかかるのだから大変ですよね。

そう考えると、風俗三昧ができていたバブルの時代はどれほど楽しい時代だったのだろうかと思うことがあります。
だけど、その分今ではたまに行く風俗がとても楽しい場所に感じることができるので、一概に悪いことばかりではないのかなと感じますね。
美味しいものでも毎日食べたら飽きてしまうではありませんが、あまり頻繁に行くのも味気ないのかもしれません。
とは言ってもせめて一ヶ月に一度ぐらい余裕を持っていけるだけの稼ぎがほしいなぁ。

サブコンテンツ
2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031